自分の今の状況と原因を把握してから引きこもり仕事を見つける

現代の10~20代の若者は非常に過保護に育てられている傾向にあります。 こうした子供の両親はバブルを謳歌した世代でもあり、あまり苦労を知らない年齢の子息でもあり引きこもりの原因とも言われています。
華々しい昭和のバブルを生きた親は、やはり我が子にも理由なしに華やかで楽しい人生を送って欲しいと考える傾向にあるのです。
苦労や我慢、忍耐といった言葉を知らない親なので、当然子供にそうした忍耐や我慢などを強制することはありません。 子供が欲しいと言ったものは極力買い与え、また見栄を張るために、無理をして私学の小学校や中学校に嫌なのに通わせます。 こうしてエスカレーター方式で大学まで進学させようとする親も少なくはありません。 またちょうど国家もゆとり教育といって、競争原理の働かない教育を施してきました。 そのため今の20代の若者の中には、この用語を全く知らないで我儘に育った方も多いものなのです。 このような自由競争原理を知らないということは、ある種ピュアで純粋な一面もあります。 決して誰かの足を引っ張ろうとはせず、皆と仲良しこよしで受験に向けて勉強したりします。 そして無理をせずに探して仕事をすればいいのではないかと考える傾向があるのです。 しかし、こうしたピュアで純粋な考え方は、このように学校の中では通用するかもしれません。 実社会ではなかなかどんな原因でも受け入れがたいことなのです。

時代背景や政治なども影響している原因や可能性があります


おすすめ

暗い過去や原因を受け入れた上で引きこもり仕事で働く意味は?

どのような引きこもりの原因であったとしても4年制の大学ないし、高校を卒業して実社会に出ると、そこはまさに学校とは真逆の世界が広がっているのです。
特にゆとり教育を受けてきた年齢層にとっては、非常に厳しい現実がそこに待ち構えているのです。
実社会では高度成長期をたくましく生き抜いてきた、まさにたたきあげの60歳や、猛烈社員と言われた50歳など厳しい社会を仕事と共に乗り越えてきた様々なジャンルの人が働いているのです。 こうした層の方々にとっては忍耐、努力、我慢といった言葉は社会人であれば探さなくても当たり前のことなのです。 しかし、ゆとり世代にとって見ればこうした言葉は初耳です。 こうした50~60代の上司と同じような行動パターンです。 中々、自分のペースで働くことができないのです。 すると50~60代の先輩からすると、ゆとり世代の後輩は非常に怠慢、怠け者と言うように周囲からは映ってしまうのです。 そこで先輩からすると、忍耐や我慢、努力が足りんとして、若い人は格好のターゲットとなり、ダメ社員のレッテルをすぐに貼られてしまうのです。 50~60代の先輩は自分がかつて若かった時に先輩から受けた教育方針でゆとり世代に接します。 ここでは非常に強引なスパルタな理由で、言葉も威圧的である一つの原因なのです。

社会のシステムが合わないパターンや原因もあります


精神的な原因で引きこもり仕事しかできない状況の場合

しかし平成生まれのゆとり世代にしてみれば、その教育スタンスがうぐにパワハラに感じてしまいます。 ついには会社に出社できないほどまでに追い込まれてしまうのです。
仕事が原因で引きこもりになっている層のなかには、こうした年齢や時代間の価値観のズレや誤解によって気が付けば無職になっている状態もいるのです。
また多くの理由を探せば、こうした世代間の価値観や生い立ちの違いによってだけではありません。 実際社会とは同僚、社員同士、上司と部下で相互の利害関係が発生するのです。 どうしても人間関係や軋轢が仕方なしに生じるものなのですから、これはまさに職場とは肉体労働をしてお給料を貰っているのではありません。 端的に言えば、苦しく辛い人間関係を毎日しに行って、その我慢料としてお給料を頂いているわけなのです。 勤務自体は毎月こなしていればどんな方でもできるようになるものなのです。 職場での悩みはその多くが会社そのものではなく、人間関係やその軋轢と言っても過言ではありません。 こうしたコミュニケーションの疎通や微妙な関係、強豪ライバルの足の引っ張り合いに上手く対応できません。 すぐに心が折れてしまった方が働けない状態になる傾向にあるのです。 単に家に閉じこもっているだけでなく、時としてうつ病やパニック障害を併発している時もあるのです。 そのためできれば早期に心療内科や精神科のカウンセリング治療を受け、ここで原因を解明し社会復帰できるようにすることが望まれるのです。

働く理由と信頼関係のバランス


主婦

支援

就職

引きこもり仕事

このページの先頭へ