正社員として就職し働きたいという意志のある方への引きこもり仕事

引きこもりの人が正規雇用で就職するのはなかなか難しいものがあります。
いきなり正社員を目指すよりは、たとえばハローワークなどの求職訓練制度を使っています。 これが5年以上の引きこもりの方が興味のある分野でまずは労働をする上で必要な知識などを得るよう環境づくりから始めてみる手もあります。
この求職訓練制度は、もし独居等で仕送りなどで生活している場合は、ハローワークから生活費として月10万円支給してもらいながら勤務します。 専門学校などでその分野に詳しい人からその特定の業務について教えてもらい、知識を得て最終的には就職を目指すという制度です。 また、この福祉の中には仕事をする上で必ず必要な資格を取らせるという側面もあるのです。 その資格取得を足がかりにしていきます。 ここから勤務に就くという道を開くきっかけにもなりえます。 万が一の時に使うには制約がかなりあるので、いきなり就職訓練をするのは難しいかもしれません。 そこでお勧めなのが、日雇いでもいいから簡単な軽作業程度の業務を行いますので、これの対価である給料を得る喜びを得ることです。 ここでも達成感を味わってもらうという方法です。 これなら一日行けばとりあえずその業務は終了ですから、継続しなければいけないという恐怖感のようなものからはこれとは無縁です。 それでも、これから常に一日でも勤務をして給料を得られれば、その達成感は必ず引きこもりだった人に届くはずです。

最初の一歩が大切です肩の力を抜きましょう


おすすめ

日雇いやバイトの引きこもり仕事ではなく正社員として就職し安定したい

こうしたイレギュラーの日雇いのような労務は、ある程度大きい都市でなければ残念ながら給与の良い就職先を見かけることがなかなか無いのです。 それでも主婦などの時間が限られている人たちがかなりの数参加していたりします。 ある程度人ごみには酔わないで慣れることになります。 更にこれは派遣先の企業からはどのような作業をするのか指示が当然あるのです。 ここでは、その指示を受けて行動するということがある種の訓練になります。
他にも当然ですが最低限の挨拶や会話ぐらいはすることになりますので必然的にそれも訓練の一つになります。
しかも、その日働けばとりあえず終了ですので、次の勤務のことを焦って心配する必要はありません。 もしこの後も、その会社で働きたいと思えば、派遣元の企業の担当者に話をしてみるのもよいでしょう。 そして日雇いの業務は時期によって繁忙期と暇な時期とがあるのが常なのです。 必ずしも希望する業務が受けられる可能性は無いのです。 そうして趣味などとは違う、業務の話などを誰かとすることもまた訓練の一つになりえます。 このようにいきなり正社員で就職を目指すよりもまずは段階的に、少しでも日本の社会で役に立っているという実感を引きこもりだった人に味わってもらうことになります。 それが賃金をもらうという形で評価されていることを考えてもらえれば、それが一つのきっかけになってさらに働いてみようという行動の原点になりえます。

達成感やコミュニケーションが就職にプラスに働く


日本の幅広い世代で就職も引きこもり仕事をしている層が増加

社会で就職しようにも自分の居場所が無いために引きこもってしまった方もいます。 そのため、勤労での居場所を提供するあるいは提供できる社会体制の構築が急がれます。
これは極論になりますが倒産や失業、勤務したくてもリストラなどされた社員たちや何らかの失敗をした状況でも言えます。 しかし、生きてさえいれば何度でも再チャレンジできる、そういう社会体制を構築していくことが望まれています。
特にこれからの時代は正社員で現役で働く日本人がどんどん減っていく時代になります。 少子高齢化社会の本格的な到来です。 そうした際に親元で引きこもっている若い世代がいることは、はっきりいって年間のGDPの大きなマイナスの損失です。 これはかなりもったいないことでもあります。 仕事をする上で誰しも初めてのことは緊張しますし、不安と戸惑いもあるでしょう。 それを乗り越えることができる人間ばかりではないので、少しのきっかけやチャンスを何回でも与えて就職していきましょう。 更に再チャレンジできる制度や社会であれば、引きこもりは自然と少なくなっていくのではないかと考えられます。

一度駄目でも諦める必要性は全くありません


主婦

支援

原因

引きこもり仕事

このページの先頭へ