今の環境を変えなくても働ける引きこもり仕事は沢山ある

おすすめ

国の支援やサポートの精度もあります 正社員として就職をしたい方
支援 就職
結婚や出産から専業主婦、家事や育児をしながらできる職種 原因や条件をクリアにしてから引きこもり仕事を探す
主婦 原因

勇気がいる引きこもり仕事を始めるためのきっかけ

置かれている環境や家庭によっては様々な事情があり、外へ出て働くことが不可能で、無理にすれば出来ないこともないけれども、そうするにはやはりしんどいという方がいらっしゃいます。 小さい子供がいるシングルマザーの場合、精神的な病気でパニックになるので人ごみの中へ入れない、身内の介護中でまとまった時間が取れない時、例えばこういう無職と括られてしまう人々ですね。
もしくは世間の荒波にのまれてしまってリハビリ期間中の場合もあります。
世に言う引きこもりという方ですね。 ニートやSNEPから脱出できないで長期間いるといつのまにか当たり前のようになってしまいます。 その人達も、今は何らかの理由でそのようなシチュエーションであっても昔からそうだったわけではありません。 大体は普通に社会人や学生をしていて、何かの原因があって自宅から外へ出なくなったのでしょう。 そういう方々が日常をどう過ごしているのかはわかりませんが、ただ一ついえることは、引きこもりであっても在宅ワークなども含め労働はしなくてはならないということです。 生きていく為にはお金が必要で、この世の中でお金を手に入れる為には労働をしなくてはならないのです。 養ってくれる家族がいれば最初の内は治療にも専念しますが、年は平等にとりますから、育ててくれた両親が亡くなる日もいつかはくるわけです。 外へは出られない。 だけれども、仕事やバイトはしなくてはならない。 ではどうやって探せばいいのだろうか、こうなります。

引きこもりで高収入を得ている方もいます


ゆっくりと自分に合う引きこもり仕事を見つけていく

そこで数々の引きこもりの事情があったり、脱出したくてもできないニートやSNEPと呼ばれ家の中にいる方が、一体どういう仕事をしていらっしゃるか、ですね。
多いのは、現代では可能なコンピューター関連です。
インターネットの環境が整っていて、本人にそれを使う能力があるのであれば、そんなに難しいことではありません。 文章を書く、写真や音楽、イラストやアクセサリーなど、自分の作品を販売する、部屋の中のいらないものを売ってお金を手に入れる、などですね。 オークションを利用するとか、オリジナルのサイトを作ってしまうなどです。 知らない誰かとのコミュニケーションをネット上であれとっていると、そのうち外へも出られるようになるかもしれません。 ネット上での大学もあるし、資格も取れる時代です。 やり方が判らなければそのままネットで調べることも可能で、下手すれば職業につくまでに誰とも一言も話さないままでいられるのですから、家の中にいてインターネットが使えるならば、生活費を手に入れるのはさほど難しくないでしょう。株などの知識がある方でしたら、もっといいかもしれません。基本的にはパソコンと電話があれば取引は出来ますから、家から一歩もでずに億万長者となる人も現実にはいてらっしゃいます。ただし、それにはコツもクセも勉強しつくした頭も運も必要でしょうから、ハードルとしては高くなりますね。数字に興味がある、新聞だけは毎日読んでいる、という方で余分な資金があれば試してみるのもいいかもしれません。うまくいけば、文字通りに一攫千金です。 では自分のパソコンなどない、もしくはインターネットが出来ない方の場合はどうでしょうか。 まずは、新聞や郵便受けに入れられる地域の情報誌で在宅勤務の割の良いアルバイトを探しましょう。 昔ほどはなくなりましたが、今でもちゃんとある内職の紹介を見つけられるはずです。 便箋の封筒はり、切手はり、住所書き、もしくはちょっと高度になると住宅模型を作ったり、録音テープ起こしをしたりですね。 特に資格がなくても慣れれば簡単に出来るものばかりです。 引きこもり仕事は業者に連絡すると大体は自宅まで届けてくれます。

性格に合った職場を引きこもりが見つけるためには?


優先順位をはっきりとさせてから引きこもり仕事を始めましょう

様々な雇用の形態がバイトや正社員などありますが、引きこもりも会社によっては月に一度や二度の出勤日、研修などへの参加が義務付けられている所がありますが、もし出れなければそのように最初に担当者に話すことです。
隠し事は一切ない、それを貫くのが懸命でしょう。
一度信頼を得られることが到来すれば、在宅ワークの勤務はずっと貰えると思って頑張りましょう。 個々の作業は単調で細かくてお金も安いですが、外へ出て誰かと話す必要はありません。 優先順位が何なのかを自分でハッキリとさせて取り組めば、そんなに苦痛ではないでしょう。 住宅模型やテープ起こしになると、稼げる金額も瞬発的に増えるようです。 専門分野という形になるからでしょうね。 所謂ニートやSNEPと呼ばれる属性である方でも出来る事の現状での一つではあります。 家ではインターネット回線は繋げない、パソコンもない、だけども文字は書ける、そんな方には葉書で懸賞に応募しまくるという手もあります。 よく主婦の雑誌などにのっているのですが、企業のやる懸賞も中々バカには出来ないものです。 上手な方はしっかりと目標を決めてお米や商品券などを次々とあて、月の生活費につぎ込んでいるという引きこもりの方も存在します。 懸賞といえども相手も仕事としている生きた人間なので、葉書をカラフルに飾ってみたりだとか細かく体験談を書きこんだりだとかで当選する確率は上がるとあります。

プラスの考え方で引きこもりもポジティブにアクションをしていきましょう


コンテストや投稿などの引きこもり仕事で稼ぐ

要は、この人にあげたいな、と相手に思わせるような葉書を書くということですね。 これに対しては引きこもりのSNEPやニートの仕事で在ろうとそうでなかろうと関係はありません。
簡潔でシンプルなものは好まれません。
大多数の中の一人になるのではなくて、一番目立つ葉書を書く、それくらいのことを考えて遠慮なく紙面を飾り付けましょう。 研究して、決してバカには出来ないお金を家で在宅ワークで稼ぐバイトやパートの主婦もいますから、一度やってみるのがいいかもしれません。 懸賞と並んで、作品を作ることも考えましょう。 新聞にあるハガキで応募するコンテストなどは是非挑戦して下さい。 うまくいけば、新聞に掲載されますし、コンテストに受かる可能性だってあるわけです。 そのようなことをして有名になるまでいった体験者もいますし職業作家にならなくても小金を稼いでいる引きこもりを脱出した学生さんの話しなんかはよく聞きますね。

コンテストなどに応募してみるのも引きこもり脱出のきっかけの一つです


興味があるものから引きこもり仕事に繫げていく

小説、詩、イラスト、絵本、もしくは音楽の作曲など、小さいころから自分が好きだったことで、在宅ワークでお金がパートやバイトとして稼げないか、無職から脱出はできないかもう一度しっかりと考えてみましょう。
そこに希望があるかもしれません。
イラストレーターなどになるのは営業力が大切ですが、とにかく出版会社などに作品を送ってみるなど自分が一人で出来る範囲のことをして見てください。 最後に、例えば引きこもりで一日中ゲームばかりしているという方でも大丈夫なのは、これです。 好んでしているゲームの攻略方を情報商材で売る、などですね。 どんなゲームにも最後までしつくすと言う人は滅多にいません。 ですから抜け穴などがあったりすれば、それは金を産む情報となるのです。 これだけは負けないというものがあるならば、結果としてお金になるのかもしれません。 そう考えて、一度は今の状況の置かれている立場から周囲を見回してみてください。 家で引きこもり仕事をニートやSNEPが始めることが何かのきっかけになる可能性は充分に秘めていると言っていいでしょう。

魅力的なポイントを引きこもりでも活かしていきましょう


このページの先頭へ